Uncategorized

室町時代以降の生け花

室町時代以降は一層生け花の文化が盛んになりました。というのも、唐の美しい器に合う花の挿し方が研究されるようになったからです。これが生け花の実質的な源流と考えられています。現代でも一大流派として盛んな池坊も、この頃から評判になりました。生け花はそもそも書院造と呼ばれる、より大きな構造の中で工夫が施されてきた文化です。書院造は中国の絵画や器物を飾るための建築様式であり、当時の足利家はその権勢を示すべく、邸宅の床の間を美しく飾り立てようとしました。その流れの中で書院造は洗練され、花瓶も飾られるようになったのです。考案者は権力者の直接的な世話役とされる者たちとされており、三具足、立て花といった形式が成立するようになりました。  中でも高い評価を受けたのが京都の池坊であり、当時の禅僧によって「碧山日録」が残されています。また、池坊では花伝書が代々伝えられており、日本における最古の花伝書として、生け花の歴史を確認することが出来ます。そこには立て花はもちろんのこと、掛け花、釣花といった花まで描かれており、生活に根付いていた生け花の文化を知ることが出来ます。  池坊の偉大なところは、技法だけでなく、思想面でも生け花の大成に貢献したことです。例えば「池坊専応口伝」が残されていますが、そこでは単に華美な花を使うにとどまらず、枯れた花材を利用して表現することの意義が説かれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です