免状の費用

 華道家の免状を取得する上で、様々な費用が発生してしまいます。レッスン料に加えて免状の申請費用も準備しなければなりません。申請料の額は決まっておらず、流派ごとに設定方法が異なっています。しかも公開されていないことから、余裕のある支払い計画を立てることが肝心です。もちろんおよその相場は存在しますから、ネット等で確認するようにして下さい。最低クラスの免状を例に取ると、1万円前後と考えてよろしいでしょう。クラスが上がるにつれて、申請料の額も高くなるのが通例です。1回の取得で数万円の出費は覚悟しなければなりませんから、何度も申請すると相当の額に上ります。
 こうしたことから、敢えて免状を申請せず、受講を続ける生徒ももちろん存在します。将来師範になりたいわけではなく、あくまでも教養の一つとして学ぼうとする人であれば、端から免状を諦めるのも選択肢の一つでしょう。但し、最近は様々な割引制度を実施している教室も存在するため、先ずは自分の通う教室がどのような免状制度を設けているのかを、きちんと確認するようにしましょう。例えば学割制度を設けている流派もあり、該当する人は負担を軽減することが出来ます。
 華道のような習い事には、費用に関する変わった風習も存在するので注意が必要です。実際、過去には師範に対して礼金を支払うという、暗黙のルールが存在しました。何と申請料と同額だったそうで、かなりの負担になります。しかし今ではそのような風習に従う生徒、師範は減っており、今後の展開が注目されるところです。お金以外にもお菓子等を贈るのが決まりとされていましたが、そちらも最近では見られなくなりました。